木津川市観光ガイド
歳時記
伝統行事
イベント
花暦
木津川市の神社・仏閣
観光スポット
お勧めコース
アクセス・市内交通情報
木津川市観光協会
リンク
木津川市観光まちづくりネットワーク

お勧めコース
  お勧めコースINDEX  
   
04史跡恭仁宮跡(山城国分寺跡)をめぐる道
   
一口メモ  
photo

木津川市立恭仁小学校(昭和11年木造校舎)

昭和11年(1936)地元の逸材を集めて建築された木造二階建ての校舎は恭仁宮跡にあり、学校の裏には恭仁京大極殿跡がある。全校児童約50名のとても小さな小学校で、職員室の鐘・木製窓とネジ締め鍵・板張りの廊下・階段など、昭和11年当時の様子がそのまま残っている。畳の部屋はパソコン教育などに使用されている。2000年に放映された漫才師・西川のりおのドキュメンタリードラマ「オカン」のロケ地ともなった。

恭仁小学校は、現在も児童が通学し、学校教育の場となっています。
無断での写真撮影や立ち入り等はおやめください。
photo

デ・レーケ堰堤

南山城地域の山中に存在する砂防ダムで、築造を指揮したオランダ人技師ヨハネス・デレーケの名をとってデレーケ堰堤と呼ばれています。明治初期の石積み堰堤にもかかわらず今でもその機能を発揮し、立派に防災の役目を果たしています。

photo

朱雀の井戸

「すじゃかのいど」と地元では呼ばれており、六角形の形が珍しい井戸。恭仁宮の朱雀(南)に位置し、かつての朱雀大路沿いにある。この地にかつて存在した土豪集団の一つである朱雀氏の屋敷跡ではないかという説がある。現在も地域住民の方たちの手で大切に保存されている。この井戸は六角という形が特徴的であるばかりでなく、恭仁京の歴史的・経済的背景を物語る貴重な文化財といえる。

 
 
 
Copyright
 
岡田鴨神社 恭仁宮跡 海住山寺 恭仁神社 青少年山の家