Contents
2011/08/11
『がんばろう、日本!木津川市夏祭り2011』密着レポート
2011/02/5
第26回国民文化祭・京都2011木津川市内開催イベントご案内
2011/01/21
平城遷都1300年祭/第26回国民文化祭・京都2011プレイベント実施内容
2010/11/24
「第16回山背古道とことんウォーク」レポート
2010/11/20
『木津川アート2010』に行ってきました!(鹿背山/上狛エリア報告)
2010/11/16
『木津川アート2010』に行ってきました!(木津・本町エリア報告)
2010/08/17
「ふるさと納税制度」で木津川市を応援しよう!
2010/08/04
『木津川市夏祭り』現場レポート
2010/07/17
【当尾地区】観光ルートの保全・整備作業
2010/05/03
「平城遷都祭2010」突撃レポート
国民文化祭プレイベント実施内容


5月22日(土)午前中に、JR木津駅から加茂までの万葉ウォークが行われ、午後から京都産業大学の学生による「私たちが見つけた、山城の魅力〜万葉集に詠まれた景観〜」の発表と「儀式と歌木簡〜馬場南遺跡と万葉集の謎を探る〜」と題して、犬飼隆 愛知県立大学教授による講演会が開催されました。

5月30日(日)に、山城町総合文化センター(アスピアやましろ)で、万葉集の記念シンポジウムが開催されました。京都府国民文化祭PR隊長のまゆまろも参加し、国民文化祭のPRとイベントを盛り上げました。また、商工会による地元農産物を使ったお弁当やおにぎり、お茶の振るまい等のおもてなしもしていただきました。

山城郷土資料館・ふるさとミュージアム山城において企画展「万葉集とやましろ〜その景観と歌木簡〜」が開催され、恭仁京の都市計画、歌木簡や瓦の出土品などが展示されました。

 


山城町総合文化センター(アスピアやましろ)にて恭仁京天平祭シンポジウム「今造る久邇の都は」が開催されました。基調報告「恭仁宮と京の景観」、講演「天平の意匠と服飾」、講演「恭仁宮と日本の都城」、鼎談「恭仁京都天平の時代・文化を語る」などが行われました。

10月23日(土)〜12月5日(日)の期間、京都府山城郷土資料館・ふるさとミュージアム山城にて特別展が開催されました。平城京遷都によって、物流の大動脈ともいえる木津川が都の北の玄関口として栄え、さらに恭仁京遷都によって一時期、政治・文化などの中心ともなった南山城の奈良時代が紹介されました。

   


7月10日(土)〜8月22日(日)の期間、京都府山城郷土資料館・ふるさとミュージアム山城にて木津川市の国宝浄瑠璃寺三重塔、同海住山寺五重塔、重要文化財岩船寺三重塔についての展示・講演・現地見学会が開催されました。

   


明治31年から39年までの9年間、大仏鉄道として走っていた鉄道遺構跡を京都府ウオーキング協会と連携し、10月9日(土)にJR加茂駅からJR奈良駅までの約13kmを歩きました。

   


10月24日(日)〜26日(火)の3日間、平城宮跡交流ホール展示会場において木津川市のPR(万葉歌朗読、フォトコンテスト入選作品展示、相楽木綿展示・実演、大極殿ペーパークラフト展示、出土瓦展示、等)が紹介されました。また、同交流ホールまほろばステージにて、24日(日)には市内で活動する団体(しょうらい踊り保存会、加茂少年少女合唱団、加茂ウインドオーケストラ)によるステージ出演があり、会場に来られた方々に披露されました。

   

10月30日(土)〜11月14日(日)の期間、市内のお寺(七ケ寺)が所有する国宝・重要文化財(建造物・彫刻・絵画等)の特別開扉が開催されました。また、平城遷都1300年記念事業協会主催による特別講話も浄瑠璃寺、海住山寺で開催され、多くの方々が参加されました。

   


科学技術に関する夢や希望を作文や絵に表現してもらう「サイエンスフェスティバル作文・絵画作品募集」を市内在住・在校の小・中・高校生を対象に実施し、作文の部150点、絵画の部118点の応募点数があり、11月3日(祝・水)に授賞式が開催され、作文の部と絵画の部の受賞者(各5名ずつ)の表彰式が行われました。また積水ハウス株式会社総合住宅研究所において、「南極、その自然と地球環境への関わり」と題して、石川尚人京都大学教授による講演会が開催されました。また、11月6日(土)・7日(日)には、同研究所ホールにて市内学研施設のパネル展示も行われました。

   


11月3日(祝・水)〜14日(日)の期間、市役所や古民家、公民館等12ヶ所を活用して、若手芸術作家による作品展示やパフォーマンス(音楽・映像等)が開催されました。


平城遷都1300年祭における平城京ゆかりの地として、奈良県と連携してパーク&バスライドを木津川市中央体育館にて実施しました。市の魅力をRPするため、(社)木津川市観光協会による特産品の販売や観光PRが春季フェア、夏季フェア、秋季フェアの期間中実施されました。21,254人の方が木津川市でのパーク&バスライドをご利用になりました。

 
Close